保育料無償化 私立保育園の給食費が決まった!

保育園無償化 保育園
スポンサーリンク

2019年10月から始まる保育料無償化。

今まで毎月保育料を払っていたけど、いったいどうなるの?

無償になっても払わないといけないのはいくらなの?

この記事では、息子が通う岐阜市の私立保育園を例にご説明していきます。

サチコ
サチコ

来月からなのに分からないことだらけ。。

スポンサーリンク

保育料の無償化とは?

2019年10月1日から、3~5歳児クラスの幼稚園・保育所・認定こども園等の利用料が無償になります。

ただ、利用施設によって上限金額があります。

● 保育所・認定こども園・障害児の発達支援施設・・・無料

● 幼稚園・・・月額25,700円まで無料

● 認可外保育施設・・・月額37,000円まで無料

● 幼稚園の預かり保育・・・月額11,300円まで無料

利用する施設によって、保育料がすべて無料になったり、上限金額が設定されたりしています。

給食費の考え方

今回の保育料無償化の中で一番理解しなければいけないのが、「給食費」の考え方。

今までは、「給食費」は「副食費」と「主食費」に分けられていたのです。

主食費とは・・・お米やパンなど

副食費とは・・・おかず

これまでの「主食費」「副食費」

<これまで>

 主食費副食費
0~2歳児保育料に含まれる保育料に含まれる
3~5歳児実費を払う保育料に含まれる

0~2歳の未満児クラスのときは、「主食費」も「副食費」も保育料に含まれています。

3歳~5歳児、つまり年少さんから年長さんクラスは、「副食費」だけ保育料に含まれます。

子が2歳児クラスから年少さんに上がってから、毎月「主食費」を封筒に入れて保育園に渡していました。

金額は同じではなく、毎月1,000円前後。

子どもの年齢によって「主食費」「副食費」の扱いが変わるんですね。

今後の「給食費」

これまで3歳~5歳児では、「副食費」は保育料に含まれていましたが、今後は保育料から切り離されます。

 主食費副食費
これまで実費を払う保育料に含まれる
2019年10月から固定の金額を毎月払う

保育料は無償になるので、保育料から切り離された「副食費」と、もともと実費を払っていた「主食費」をまとめて「給食費」として、毎月決まった金額を払うことになります。

息子が通う岐阜市の私立保育園では、


食費(800円)+ 副食費(4,500円)= 給食費(5,300円)

として毎月封筒に5,300円入れて保育園に渡します。

園によって「給食費」の金額は違います。

私立は園へ、公立は市へ支払う

保育園でも私立と公立で「給食費」の支払先が違います。

公立の保育園は「市」へ「給食費」を支払い、私立の保育園では「保育園」へ「給食費」を支払います。

正直、毎月5,300円という決まった金額を封筒に入れて子どもに持たせて保育園に払う、というのは不安です。

  • 何かの手違いで紛失したらどうしよう?
  • おつりなしのぴったりのお金を準備するのが面倒

などの理由から、できれば保育料のように毎月口座から勝手に引き落としてくれるといいなと思います。

当面は口座振替はしない

でも、今のところ息子の通う保育園では、「給食費」の口座から自動で引き落とす口座振替はしないそうです。

口座振替にした場合の手数料をだれが負担するのか?という問題があるんですね。

そのため、年少~年長の園児の人数を合わせると約180人いますが、すべて封筒に入れて回収とのこと。

金額にすると毎月約100万円。

事務員さんたちが手作業で対応するそうです。

担任の先生も大きな金額を園児のカバンから回収するのは気を遣うだろうし、事務員さんたちも大きな負担がのしかかり、、

なんとかならないかなぁと思います。

私立保育園の苦悩が見える問題でした。

その他かかるお金

保育料が無償になっても、「給食費」以外に払わなければいけないお金はあります。

● 延長保育の利用料

● 通園送迎費

● 行事費

● 用品代        

● 保護者会費      など

園によってその他にもあると思いますが、主にこれらの費用は引き続き負担しなければいけません。

また土曜保育の「給食費」については、決まっていないそうです。

市内の他の私立保育園と調整して今後決めていくとのこと。

サチコ
サチコ

だいたいのことは分かりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました