【森のわくわくの庭 輪之内店】ふかふか人工芝で赤ちゃんから遊べる屋内遊び場

森のわくわくの庭 子どもの遊び場
スポンサーリンク

岐阜県安八郡輪之内町のイオンタウン輪之内ショッピングセンターにある「森のわくわくの庭 輪之内店」

以前は「モリワクマーケット輪之内店」という無料の施設でしたが、2019年7月27日にリニューアルして有料の屋内の遊び場になりました。

森のわくわくの庭

以前より遊ぶ場所がずいぶん増え、緑の人工芝が広がる木育の空間。

赤ちゃんからゆったり遊べる場所です。

<森のわくわくの庭 輪之内店のポイント>

 大人も子ども600円で時間無制限
 赤ちゃんも安心の人工芝
 食べ物の持ち込みは禁止
  (アレルギー食・離乳食はOK)

 ここにしかないオリジナルな木製遊具

 

サチコ
サチコ

「森のわくわくの庭」は「輪之内店」と「養老店」の2店舗あります。

 


この記事では、「森のわくわくの庭 輪之内店」について詳しくお伝えしています。

この記事を書いた人

岐阜市在住、1歳&3歳の息子のアラフォーママです。
子どもたちを連れて、旅行・お出かけをしたときの情報を発信しています。
このブログで皆さんの子連れでのお出かけが少しでも楽しくなるといいなと思います!

サチコをフォローする

スポンサーリンク

料金は1人600円で時間無制限

料金は大人も子どもも1人600円で時間無制限。

※3歳未満は無料

 子ども
(3歳以上)
大人

シニア
(55歳以上)

通常料金600円600円400円
ハシゴ割300円300円300円
団体割引
(20名~)
550円550円350円
障碍者割引
(本人+介護者1名)
300円300円300円

※小学生以下の子どものみの入場は不可
※保護者1名につき、子どもは3名まで
※ハシゴ割…同日に養老店・輪之内店の2店舗を利用する場合は、2店舗目が300円になります。

私と1歳の次男で行く場合は、3歳未満は無料なので2人で600円。

私+3歳の長男+1歳の次男で行く場合は、1,200円。

輪之内店と養老店は車で20分の距離。

同じ日に養老店と輪之内店に行く場合は、最初の店舗では通常料金の600円。

2店舗目は300円で、合計900円で2店舗利用できます。

(※1店舗目のリストバンドの提示が必要)

森のわくわくの庭

お金を払うとリストバンドがもらえます。

利用するときに注意すること


中に入ると、まずは受付。

注意事項を確認してからお金を払います。


<注意事項>

リストバンドは必ず腕に巻くこと(再入場に必要。トイレは外にあります。)

保護者は必ず子どもを見守ること

密閉できない飲み物の持ち込み禁止(ペットボトルや水筒はOK)

食べ物の持ち込み禁止(アレルギー・離乳食のみ持ち込みOK。受付で申告が必要)

サチコ
サチコ

食べ物の持ち込みができないんですよね~。
飲食店情報はこちらを参考にしてください!

✔ 「森のわくわくの庭 養老店」飲食店情報
森のわくわくの庭 輪之内店の飲食店4つを徹底的にご紹介!
森のわくわくの庭


「森のわくわくの庭」では、「はだしゾーン」「靴ゾーン」に分かれています。

輪之内店では、ほとんどが「はだしゾーン」なので、入口に「くつぶくろ」が用意されています。

人工芝が広がるプレイゾーン


「森のわくわくの庭」の中はとても広々しています。

森のわくわくの庭

中央に人工芝が広がり、それを囲むように木製のプレイゾーンが並びます。

森のわくわくの庭

出典:森のわくわくの庭ホームページ 


中央エリアにある人工芝


中央の人工芝ゾーンは靴を脱いで入ります。

一歩踏み入れると、ふわっと柔らかくて歩くと気持ちが良いです。

森のわくわくの庭

赤ちゃんや歩き始めの子が転んでもフカフカなので安心。

また、人工芝は平らではなく起伏があり、一番高いところは大人の背丈ほど。

森のわくわくの庭

あちこちにいろいろな大きさの木があり、可愛らしいです。

森のわくわくの庭

かくれんぼができるような場所があり、息子と「いないいないばあ」をして遊びました。

森のわくわくの庭

周辺には木製の遊具がたくさん


「ボールプール」

入口近くには、木のボールプールがいくつかあるコーナーがあります。

森のわくわくの庭

小部屋の屋根にボールを乗せると、透明な筒をとおってボールが下に降りてきます。

森のわくわくの庭

小部屋の中は壁付きのおもちゃがあって、隠れ家のような雰囲気。

森のわくわくの庭

大人はボールプールに足を入れて、足裏をコロコロ。

なかなか気持ちいいです。

「遊び場エリア」

「森のわくわくの庭 輪之内店」で一番アクティブに遊べる場所がこちらです。

森のわくわくの庭

つるつる滑りやすい坂道をのぼっていった先には、

森のわくわくの庭

すべり台(写真左)!

森のわくわくの庭

その横にはユラユラ揺れるシーソーのようなおもちゃ。

ロッククライミング。

森のわくわくの庭

「森のわくわくの庭 輪之内店」は赤ちゃん向けの遊び場ですが、ここは大きな子も楽しめます。

「木の迷路」

パッと見ると何かよく分かりませんが、中に入ると迷路になっています。

森のわくわくの庭

とても簡単な迷路なので低年齢の子でも楽しめます。

森のわくわくの庭

1歳の息子は迷路の中をキャッキャッと走り回っていました。

「モルック」

聞きなれない名前ですが「Molkky モルック」はフィンランドから来た遊びだそうです。

森のわくわくの庭

数字のついてピンに向かって木の棒を投げてピンを倒します。

先に50点に到達した人が勝ち、というゲーム。

森のわくわくの庭

説明書も準備されているので、ルールが分からなくても挑戦できます。

「多目的エリア」

森のわくわくの庭

とても広いスペースにフラフープや木製の乗れるおもちゃが置いてあります。

森のわくわくの庭

息子はフラフープを転がしたりくぐったりして遊んでいました。

床にフラフープを並べて「ケンケンパ」をしている子も。

子どもの自由な発想でさまざまな楽しみ方ができます。

「まくらの森」

森のわくわくの庭

黄色いカーテンの向こうには、木くずの入ったまくらがたくさん。

森のわくわくの庭

ゴロゴロしたり、積み上げたりして遊べます。

「すくすくスペース」

六角形のボールプールやテーブル。

奥には木製のジャングルジム。

森のわくわくの庭

「森のわくわくの庭」には、至るところに木の名前や出身地が記してあります。

森のわくわくの庭

変わった木だなと思ってみたら、沖縄の木でした。

「へんしんアニマル」

スクリーンの前に立つと、自分たちが動物に変身。

森のわくわくの庭

画像が分かりにくいですが、私はサルに、息子はイヌに変身しています。

オムツ替え・授乳室

「森のわくわくの庭」の中にはオムツ替えの台と授乳室があります。

森のわくわくの庭

手洗い場と調乳用のお湯も用意されています。

森のわくわくの庭

授乳室はテントのよう。

イスはなく、クッションに座れるようになっています。

トイレは外にあるので、いったん「森のわくわくの庭」を出なければいけません。

※再入場の際にリストバンドが必要になるので、無くさないようにしましょう。

「森とわくわくの庭 輪之内店」の基本情報

住所

〒503-0204
岐阜県安八郡輪之内町四郷280番1 
イオンタウン輪之内ショッピングセンター内

TEL0584-69-5780
営業時間10:30~18:00
最終受付 17:00
定休日定休日:第1・3・5の火曜日
お盆休み(8月14・15日)
年末年始休み(12月30・31日、1月1日)
駐車場無料
ホームページ森のわくわくの庭ホームページ

まとめ


以前の「モリワクマーケット」は何もない空間が多くガランとした雰囲気でしたが、「森のわくわくの庭」になって子どもが遊べる場所がいっぱい。

大人も子どももそれぞれ600円かかりますが、時間無制限で出入り自由なので1日遊べる場所です。

養老店は大きい子向け、輪之内店は赤ちゃん~小さい子向けという印象。

お子さんの年齢に合わせて、店舗を選んで遊びに行ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました