トレーニングバイクのAVIGO(アビーゴ)の乗り心地は?サイズはどれがいい?

AVIGO その他
スポンサーリンク

子どもが2~3歳になると、「そろそろ自転車の練習をさせた方がいいのかな?」と気になります。

でも、最初はどんな自転車で練習すればいいのか分かりませんよね?

おそらく親の世代は、補助輪付きの自転車で練習してから、補助輪なしでペダルをこぐ練習をした方が多いのではないかと思います。

ですが、今の自転車の練習は補助輪は最初からつけないそうです。

小さいうちから補助輪もペダルもない「トレーニングバイク」で練習をしてから、ペダルのある自転車に乗るとのこと。

AVIGO

我が家はそれを知らずに3歳の誕生日に補助輪・アシストバー(長い棒を差して後ろから親が補助できるもの)付きの自転車を買いました。

3歳の頃は足が地面に届かないので、しばらく放置。

ちなみに、アシストバーは一度も使いませんでした。


4歳になり足が地面に届くようになり、ハンドル操作もうまくなってきました。

ですが、補助輪なしにするほど足がしっかり地面につかず。

自転車が重いので、子どもが自転車の重さに振り回される感じもありました。


運動神経があまり良くない子なので、早めにトレーニングバイクで練習した方がいいのではないかと心配になり探し始めました。

その結果、トイザらスのAVIGO 11.5インチを購入しました。

AVIGO



<AVIGOの感想まとめ>

✔ サイズによって仕様が違う 11.5インチが軽くてオススメ
✔ 耐久性に問題なく乗り心地も良い
✔ サドルの調節に六角レンチが必要で面倒



私はAVIGOを買って良かったなと思っています。

この記事では、トレーニングバイクの選び方とAVIGOについてお伝えしています。


この記事を書いた人

岐阜市在住、1歳&3歳の息子のアラフォーママです。
子どもたちを連れて、旅行・お出かけをしたときの情報を発信しています。
このブログで皆さんの子連れでのお出かけが少しでも楽しくなるといいなと思います!

サチコをフォローする

スポンサーリンク

どんなトレーニングバイクを選べばいいのか?

「トレーニングバイク」で検索すると、とてもたくさんの種類が出てきます。

ありすぎて何を選べばいいのか分からないけど、そこそこ高いし場所もとるし失敗したくないですよね。


トレーニングバイクを選ぶポイント

トレーニングバイクを選ぶときに、私はこんなポイントで比較しました。

✔ 軽さ
✔ 大きさ
✔ 丈夫さ
✔ スタンドがついているか
✔ ブレーキがあるか
✔ デザイン

大きさは身長にあったものを、そしてもちろん丈夫なものでなければ困ります。

だったら有名メーカーのものが安心なのかな?

でも、一番有名なストライダーだと1万円は超えます。

さすがにその値段だと、なかなか手が出ないんです。

子育て中は何かと物入りなので、できればもっと安く買いたいですよね。


親にとっても子どもにとっても「軽さ」が重要


4歳の息子がトレーニングバイクの練習をしている姿を見て気づいたことがあります。

それは、「軽さ」がとても大事だということ。

段差があったり、ちょっとしたときに何かとトレーニングバイクを持ちあげているんです。

もちろんトレーニングバイクが倒れたときも自分で起こさなければいけません。

あとは、トレーニングバイクに乗っていたと思ったら、そのまま違うことに興味がいって親が持ち運ばなくなるということも頻繁に起こります。

つまり、トレーニングバイクを選ぶときには「軽さ」がとても大切なポイントとなります。

AVIGOのサイズはどれがいい? 11.5インチが軽くてオススメ

AVIGOは大きさによってずいぶん重さが変わるようです。

AVIGOのトレーニングバイクは定価6,599円。

よくディスカウントをしているので、タイミングが良ければかなり安く買えます。

AVIGO

いざ、AVIGOのトレーニングバイクを買うぞ!と心に決めてトイザらスへ。

ですが、トイザらスの売り場に行ってから、また選択に迫られました。

そう、どのサイズを買えばいいのか分からないのです。

 サドルの高さ重さタイヤ材質対象年齢
10インチ35-39cm2.56kgEVA3歳~
11.5インチ35.0-42.0cm2.35kgEVA3歳~
12インチ4.2kgエア3歳~

※AVIGOのトレーニングバイクは新商品が次々に登場しています。こちらは2019年12月時点で主に販売されているものの比較です。


「EVA」と「エア」って何が違うの?

タイヤの材質には「EVA」「エア」があります。

「EVA」は樹脂でできているタイヤで普通のゴムタイヤに比べるとつるんとした表面。

ゴム製のものに比べて弾力に欠けます。

軽くてパンクしないので、トレーニングバイクによく使われるそうです。


「エア」は一般的なゴムタイヤです。


写真左がAVIGOのEVAタイヤ、右が一般的なゴムタイヤ。

AVIGO

比べると、右のゴムタイヤの方が凹凸が深く滑りにくそうです。



うちの息子にはこの違いはあまり関係ないようでした。

ただ、「EVA」の方は表面がわりとつるんとしているので、雨の日のタイルの上や滑りやすい床の上は少し怖いかなと思います。

ま、雨の日に子どもが自転車に乗ることなんてないので、あまり関係ないですけどね。

スタンドとブレーキはあまり関係ない

サイズによって、「スタンド」「ブレーキ」がついていたりなかったりします。

が、これらはあまり重要なポイントではありません。

ブレーキは、当分は使いません。

足がつくので止まりたければ足で止めます。

4歳の息子の手はブレーキを握るほどの大きさも握力もありません。


スタンドもどちらでもいいと思います。

決定的な違いは「軽さ」

11.5インチと12インチの決定的な違いは、「軽さ」です。

11.5インチは主な材質がアルミ、12インチはスチール。

この違いは実際に手に取ってみると、ずいぶん違います。


このときの長男は4歳で身長107センチ、身長で選べば12インチにしようかと思っていました。

しかし、実際に手に取ってみて重さの違いが分かり、11.5インチに決定。

「AVIGO 11.5インチ」の乗り心地

息子が自転車好きと言って毎日乗っている

息子がAVIGOに乗り始めて1ヶ月ほど経ちますが、とても快適です。

やはり軽いのがいいですね。

子ども自身も操作しやすく、倒れそうになっても自分でバランスを保てます。

これが重い自転車だと、重さに負けてそのまま倒れてしまうのでは、と見ていて思います。

何より息子が自転車に乗るのを楽しんでくれていて嬉しい限り。

結局何が正解かって、子どもが喜んで乗ってくれることですからね。


ただ、身長107センチの息子の場合、サドルはギリギリくらいまで上げています。

あまり長期間は乗れないかな、と。

AVIGO

サドルの高さを変えるのが面倒


ただ1つ不便なことが、サドルの高さを買えるのにいちいち六角レンチが必要だということ。



ストライダーを持っている友人が、子どもに兄弟で共有で乗らせていたときのことです。

上の子が乗って、ささっとサドルの高さをワンタッチで変えて、下の子に乗せて、、

見ていていいな、と思いました。


AVIGOはそうはいきません。

六角レンチなんて公園にまで持っていかないので、兄弟で共有はできないかなと思います。

AVIGO

まとめ

AVIGOのトレーニングバイクはトイザらスで実物を確認して買えるので安心です。

そして何より安さが魅力的。

セールを狙えば、半額以下になることもあります。

身長の低い子は10インチでいいと思いますが、11.5インチと12インチで迷ったら12インチを買うことをオススメします。

とにかく軽くて使いやすいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました